FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    IHクッキングヒーターの中身と鍋

    お久しぶりです 

    新潟でもインフルエンザが心配されていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

    体調不良のため、少し更新が間延びしてしまいました

    頭痛と喉が痛い店長加藤です




    我が家のクサガメたちは元気です

    『クサガメの初泳ぎ。。。そして行方不明』は次回お届けします



    本日の本題です

    IHクッキングヒーターの違いでお届けした『鍋選び』について、鍋の例をご紹介いたします

    『オールメタル対応』というタイプのIHクッキングヒーターでも『よりIHに向いた鍋』を使う事によって上手に料理ができます
    s-1 026
    画像をご覧ください

    我が加藤家で使っているフライパンです


    フライパンや鍋を選ぶときは4つのポイントを押さえてください


    1 裏面が『つるっと』一枚の金属になっています

    2 磁石がくっつきます

    3 そこが平らです

    4 厚みがあり、適度な重さがあります


    こういう鍋やフライパンを使っていただくことによって

    より均一に熱が伝わったり、より強い火力が出ます

    金額的には5千円以上の価格帯のものがこのタイプになると思います

    s-1 024
    もうひとつの『IH対応フライパン』の例がこの画像です

    フライパン本体には磁石がくっつきません

    そのために、底の部分に別の金属が1枚張り合わせてあります

    価格は非常に安いものが多いのですが、効率があまりよくあえいません



    『鍋を直接発熱させるので効率がよく火力が強い』という特徴を生かしきれない場合があります

    オールメタルタイプのIHクッキングヒーターでも補うことはできません


    『鍋まで変えるの?』と抵抗のある方もいらっしゃいます

    火がない加熱で、鍋の取っ手も傷みにくいし、ガスの火のすすで黒ずんでくることもないので長く使えます



    追加の出費になりますが、よく使う鍋は『電力会社推奨』や『メーカー推奨』のものを一緒にそろえていただくことを、お勧めいたします


    IHの本来の性能を引き出すお鍋を使えば、ガスコンロに比べ1.5倍から2倍の火力が使えるので

    『よりよいお鍋で、省エネ快適料理』と覚えてください


    お休みなさい ○Oo。.(T?T)/~~~

    スポンサーサイト



    [ 2009/10/15 20:37 ] 家電選び方 オール電化 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト