FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    温室効果ガス2020年までに1990年比で25%削減を目指す

    こんばんは

    休み明けで頭の中で『ボー』という音がしている、かとでん店長加藤です

    しっかりスイッチを切り替えるために、きっちり今日も書いてみたいと思います



    電気屋さんにとって、ほっておけないビックニュース!!

    鳩山首相の国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)での発言

    温室効果ガス2020年までに1990年比で25%削減を目指す


    これが何を意味すると思いますか?

    様々な角度から、注目されていますが、

    現実的に『家庭にとって関係がありそう』な部分を紹介します

    まずは、復習になりますが全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイトからのデータです

    s-zuhyo2009_05_01bs.jpg

    表からわかるように、家庭からの排出の約70%が家庭内の日常生活から排出されています

    大雑把に『光熱費≒排出量』と考えてみましょう

    家庭からの排出を25%削減するには。。。

    『40%近く』光熱費を削減しなくてはなりません
    あくまでも、簡単に考えつための計算です

    ものすごい数字のように感じますね

    具体的な政策は発表になっていない現在ですが、産経新聞によると

    1 断熱住宅への改修
    2 再生可能エネルギーの固定買い取り制度(太陽光発電等により発電した電気の買い取り)
    3 省エネ家電への買い替え促進

    が想定されるそうです

    電気屋さんが果たすべき役割が大きいことが分かります

    2の発電機器はもちろん電気屋さんが最前線です
    3の省エネ家電については、もっと重要です


    ということで、本日は省エネ家電の代表選手『冷蔵庫』の省エネ度を紹介いたします

    まず、家庭での電気代の20%近くを占める問いをれる冷蔵庫の電気代

    15000円かかっていれば、約3000円ですね

    しんきゅうさんという、ホームページを使用してみます

    10年くらい前の450Lクラスを買い替えると、電気料金は約半分です

    年間自動的に1万円以上節約になって、CO2排出量も家庭の10%移譲策電できる可能性があります

    さらに、panasonicの最新冷蔵庫は『エコナビ』という技術を搭載していますので

    さらに自動で10%以上の省エネをしてくれます


    家計にも地球にも優しい、さらに便利で快適な家電をお勧めいたします



    あああ


    さらに『エコポイントがつきます』

    冷蔵庫の平均買い替え年数は10年です

    故障して、食品がだめになる前の買い替えが多いのが冷蔵庫

    冷蔵庫のドアの内側にある製造年月日をチェックしてみてください


    ○Oo。.(T?T)/~~~オヤスミナサイ



    スポンサーサイト



    [ 2009/09/24 22:51 ] 家電選び方 省エネ家電 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト