FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    地上デジタル対応テレビの選びかた 画面の種類編

    日に1回はプラズマテレビと液晶テレビの説明をしている新潟市西蒲区の

    タイガーウッズ(顔が似てる)こと、かとでん店長の加藤です

    明日は、当店企画の『天地人バスツアー』です。お客様と、上越方面の

    上杉謙信ゆかりの地を日帰り観光してきます



    本題です


    地上デジタル対応テレビを選ぶときに問題になるのが『画面の種類選び』です

    今までのアナログテレビは『ブラウン管』が主流でした

    現在の薄型テレビの画面の主流は『プラズマ』と『液晶』です

    よくご存知かもしれませんが『画面の種類』のお話です

    それぞれの特徴、長所、短所をご紹介します



      『プラズマ』画面

    01_living_img.jpg

    ●プラズマの原理
    画素がひとつずつ発光するため、残像が少なく、美しい映像を楽しめます。

    ・ スポーツやアクション映画などの速い動きの映像もなめらかに表現します。
    ・ 「黒」の表現力に優れています。
    ・ 視野角が広いので、リビングの様々な場所から美しい映像を楽しむことが出来ます。
    ・ 大型化が容易な反面、小型化が困難な特徴があります。

    『液晶』画面

    01_private_img.jpg

    ●液晶の原理
    バックライトによって映像を映し出すため、常に明るい映像を楽しめます。

    ・ 明るい部屋や日が差し込む窓際でも鮮明でメリハリのある映像を映すことができます。
    ・ パネルや駆動方式によっては、斜めから見ると映像の色が薄くなったり、動画の残像感が目立つなどの課題があります。


    以上パナソニックホープページより


    以下、かとでん店長まとめ

     ○プラズマの良さ

    動画に強い(動画解像度が高い)、どこから見てもきれい、
    ブラウン管のような自然な映像、
    長寿命、ガラス画面でお手入れ簡単

    実は割安!!

     ○プラズマの弱点

    小さくすると画像が粗っぽくなる(いちばん小さいサイズが37V型)
    近くに行くと、結構熱を感じる。液晶よりも多少消費電力が大きい



     ○液晶の良さ

    映像が明るい、小さくしてもきれい
    静止画解像度が高い
    省エネ性能が高い
    画質を問わなければ、割安なものが選べる

     ○液晶の弱点

    視野角が狭い(一般的に) 動画に弱い
    画面が柔らかく、お手入れに気を使う
    プラズマに近い性能のものは、プラズマよりも割高な事が多い
    蛍光灯タイプのバックライトを使ったタイプは気温(画面の温度)によって、明るさが変化する

     ○液晶テレビを選ぶときの注意

    一口に液晶といっても、○○液晶という具合に画面の種類は様々です
    PanasonicはIPSα液晶という高画質で、割と視野角が広いタイプを主に使っています

    安く作りやすい○○液晶というものもあります

    プラズマに関しては、どのタイプを選んでもきっと満足いただける画質です
    液晶は、実際にスポーツ、景色、ドラマ、ニュースなどじっくり映像を比較してから
    慎重に選ぶ必要があります

    しかも、さらに『駆動方式』の違いもあります


    ということは。。。


    『リビングに迷わず安心割安プラズマテレビ』

    『プライベートルームなどあまり見ないテレビは、買う時に見比べて液晶』



    実際に『街の電気屋さんで売れているテレビ』とは。。。

    (@_@)/ずばり!

    『プラズマ』です


    世間では、液晶テレビのほうが売れてるらしいぞ!!と聞こえてきそうですね^^

    その答えは。。。



    YESです

    理由は、大きな画面から小さな画面まで販売されているからです

    ちなみにプラズマは37V型以上です

    しかも、製造できるメーカーが少ない

    ということは、液晶のほうが台数が売れて当たり前なのです



    長時間見ても近くで見ても目に優しい、高画質高耐久、割安なプラズマテレビを

    『メインの1台』にご検討してみてはいかがでしょうか?


    お客様満足度NO1は42V型です

    今年、36000ポイントももらえるエコポイントで、がぜん注目されているのが46V型です


    画面の特徴をしっかり理解して、失敗のないデジタルテレビ選びをしてください^^


    なお、ご質問、ご意見等ありましたら、コメントください

    お休みなさい( u _ u ) クゥゥゥ。o◯


    11月25日 最新記事追加しました
    スポンサーサイト



    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト