FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    当店イベント 御礼

    R-DCF00281.jpg
    3日間の夏の大感謝祭 雨の中、例年以上のご来場、心より御礼申し上げます

    注目が高かったのは「太陽光発電」と「オール電化」

    そして省エネエアコンです

    太陽光発電に関しては多数のお見積り依頼をいただきました


    その中で多かった質問が「いくらかかるの」というものでした


    皆さんは、太陽光発電に対して誤解されているようです

    当店のお客様は「省エネ家電」や「低燃費自動車」を買うのと同じように感じていらっしゃいます



    太陽光発電とは



    無尽蔵な太陽の光で、電気を生産する板を屋根に乗せること

    そして、その電気を無料で使えたり、販売できたりするのです



    「電力会社になる」のです

    しかもその会社には従業員も必要ありません

    経費が10年間不要です(10年に1回程度20万円から30万円の部品交換が必要な場合があります)



    太陽さえあれば、勝手に電気を生産し続けるのです

    しかも寿命は20年以上で30年とも言われております

    実際に当社が建設した太陽光発電所は16年前のものが元気に稼働中です



    なぜ、今太陽光発電が注目されているのか?

    なぜ急に設置する人が増えているのか???



    私のように10年近く待っていた人間もいます

    以前は電気の販売金額が23円でした

    それが2009年11月に何と



    「48円」で10年間固定金額で買い取る
    という制度が始まったのです

    その金額は1年と少しで今年度は「42円」で10年間固定に下がりました

    ちなみに、電気を買う金額は一般的に23円とします




    ここで話を戻します

    「いくらかかるの」

    という質問の答えです


    答えは


    「発電したいだけの金額、儲けたいだけの金額」
    ということになると思います


    今国の補助金は「1kwh当たり60万円以内の規定の工事」に対して支払われます

    1例ですが、我が家のように約5kw設置しようとすると300万円と考えることができます


    ではどのくらい発電してくれるのか???


    発電所ですからkwhでいうと、新潟で年間6000kwhと仮定しましょう

    これは我が家の実績をベースに換算しています



    全部販売したとして288000円になります

    我が家は70%販売して、30%は自分で消費するので201600円+50400円となります

    1年間で合計252000円生産してくれます


    何もしなくても。。。


    もしお金を産むなといっても。。。


    否応なしに太陽が光っていれば、手間なしにきれいな電気を産みつずけ、お金が入ってくるわけです


    252000円×10年で2520000円

    ここで、固定買い取り制度が終わります


    もし、その先電気を買う金額と販売金額が同じになって、電気料金も値上がりして30円になったとしましょう

    5%程度発電能力も落ちて、メンテナンスに30万円かかったとしましょう


    300万円の建設費が330万円かかる事になります

    11年目から20年目までは年間171000円発電することになりそうですね


    11年目から20年目までの10年間で1710000円



    さて合計しましょう




    252万円+171万円=423万円

    かかる経費は330万円



    控えめの見積でしたが20年間で100万円近く増えました



    お勧めの支払い方式は我が家の行った方式です

    名付けて。。。



    10年間負担も儲けもなし作戦!!

    補助金を差し引いて約27000円の月々払いにします

    太陽光発電は控えめに見積もっても、月々21000円平均は発電してくれます
    (実際には節約努力や、オール電化の契約を利用して我が家は月30000円平均はお得になっています)


    たとえば、建設した発電所の経営がうまくない人でも10年間は建設費の負担がわずかで済みます

    13年くらいで建設費分は発電してくれます


    その間の家計の負担も少ないことがわかります

    自信のない方は12年ローンで月々22200円でもいいかもしれません

    家計の負担は0円ですよね?


    ただし、11年目からの買い取り金額は不確定ですので正確には家計負担が少し出るかもしれません



    結論です

    太陽光発電というのは

    「お金を生み出す発電装置です」

    「分割で払えば12年から13年は家計の負担も儲けもありません」

    「20年後には何10万円も儲かるでしょう」

    「でも、これを達成するのは今の補助金制度と買い取り制度のチャンスのうち」


    または、儲からなくてもいいかもしれません




    なぜならクリーンなエネルギーを20年間で約20万kwhも発電してくれるのです




    環境や電力不足に貢献できて、しかも儲かる。。。

    これが私が約10年間待ち続けたチャンスだったのです



    このことを、お客様や、日本の皆様に伝えたくてしょうがないのです

    私が「いくらかかるの?」という質問に対して

    30分くらい真剣に説明する理由です



    お金を借りて貯金しても儲かりません

    太陽光発電だけは、お金を借りて屋根に貯金すれば儲かるのです



    繰り返しますが、今の制度を利用すればという条件付きです



    太陽光発電に対しては、いろんなブログやサイトで紹介されていると思います

    「儲かりません」とか「20年先の話では。。。」等の言葉も多いかもしれません



    ここに私が書いたことは「自分のお金で自宅の屋根に太陽光発電を設置した」電気屋の店長の本当の言葉です


    この事実に賛同していただける方は、すぐに見積もりだけでも依頼してみてください

    見積もり依頼しても施工できるのは3カ月先とも言われています


    低金利と高額買取10年保証の今年度中がチャンスです


    検討だけでもいかがでしょうか?


    ご近所の電気店に一言悟お相談ください

    当店は3日間で5件の見積もり依頼をいただきました



    今年度の制度に間に合うように最速でがんばります



    わかりにくかったかもしれませんが、最後まで読んでいただきありがとうございました
    スポンサーサイト



    [ 2011/06/27 00:30 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト