FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    テレビを選ぶコツ 大きさ編

    tvのコピー
    (画像はPANASONICホームページよりお借りしました)

    こんばんは

    かとでん店長加藤です


    今日は、テレビの大きさの選び方

    アナログテレビは、画面の横と縦の長さの比率が4:3です
    デジタル薄型テレビは16:9の横長です(デジタルハイビジョン放送の規格がこの大きさです)

    たとえば、今リビングで29型のブラウン管テレビを見ているとしましょう



    少し大きめに買い換えようかな?

    そう思って『デジタル32V型に買い換えました』

    取り替えてみると。。。


    『ん?』


    『人の映る大きさも、画面の時計も。。。。』


    『小さくなってる!!!(((´・ω・`)カックン…』

    そうなのです

    テレビの画面の大きさは、画面を斜めに図って何型とか、何V型と表現しています


    ということは。。。


    『4:3のテレビの大きさにプラス7するとようやく同じ大きさに映る』と覚えておいてください

    w( ̄o ̄)w オオー!


    一般にテレビを買い替えていただく場合に、わざわざ今より小さい大きさを選ばれる方はほとんどいません。



    もし、今横長の32型テレビを見ているとしましょう

    その場合は、当然同じ数字を選んでいただいてかまいません

    もうひとつ、秘密を紹介 (゜ロ゜;)エェッ!?


    『ブラウン管テレビは32型と書いてあります。薄型テレビは32V型と書いてあります』

    と書いてあるのです』


    32インチの大きさがちゃんと見えるという意味だそうです

    少し大きいということです(ほんとに少しですけど。。。)


    『同じ数字を選んでも少しだけ大きくなるのです』



    ただし

    実際にテレビを置いてみると。。。


    『なんか小さい感じがするぞ!!』

    という場合が多いのです


    なぜ?


    『画面が薄い分、同じ場所に置くと、画面が奥に下がってしまう』ことが原因のようです

    つまり、少し遠くなるのです



    そんなに違わないでしょ?と思われるかもしれません

    でも取り替えたお客様の感想は、圧倒的に『小さく感じる』という声が多いのです



    『お客様の声が返ってくる』


    ここが、量販店と、私ども地域店との圧倒的な違いかもしれません

    量販店では『クレーム』はあるかもしれませんが

    『ちょっとしたお客様の不満、感想』が返ってくることはほとんどないでしょう



    もうひとつ、大きさ選びのコツ。。。


    『画面の高さの3倍が特等席』
    という言葉があります


    ということは。。。


    『37V型で1.4メートル。42V型で1.6Mが一番見やすい』


    ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!? そんなに近くで?



    デジタルハイビジョンプラズマテレビは、いくら近くで見ても目に優しいのです

    たとえば、劇場や映画館に行ったら、真ん中ほどの席が見やすいですよね?

    その距離がまさに『高さの3倍』です



    せっかく、きれいで見やすいデジタルテレビです

    ちょうどいい距離でご覧下さい


    みんなどんな大きさのテレビを見ているの?


    『当店でお買上のお客様のリビング、お茶の間のテレビの8割が37V型42V型です』


    非常に好評です

    せっかくの綺麗で見やすいデジタルテレビです

    『おうちに1台はプラズマ大画面』がお勧めです


    まずは、お店で比べてみてください(*^-^)ニコ




    スポンサーサイト



    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト