FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    IHクッキングヒーターで作る 生キャラメルレシピ

    こんばんは

    恵まれない?私に、チョコを下さった方へのお礼に

    心をこめた何かないかな。。。

    と、思いつつ、毎年コンビニで買ってしまう、かとでん店長加藤です


    でも今年は。。。

    料理のできない私が、唯一当店のお料理教室のために覚えたお菓子をお渡しできれば。。。

    本当は家内に一番食べさせたかったりして(/ω\) ハジュカシィー・・・(/ω・\) チロ・・



    それが『生キャラメル』です

    これなら、お客様の奥様方も喜んでいただけるのではと、お料理が得意な長男と二人で頑張りました


    047 (3)

    以前にもご紹介した、パナソニックのホームページに載っていたレシピです

    ※材料※

    生キャラメル
    牛乳・・・・・3/4カップ
    砂糖・・・・・180g
    はちみつ・・・・・30g
    バニラエッセンス・・・・・少々
    生クリーム・・・・・1カップ
    バター・・・・・20g
    ※18cm×9cmの型を使用

    ※作り方※

    あらかじめ、型にクッキングシートを敷いておく。

    1 鍋に牛乳、砂糖、はちみつ、バニラエッセンスを入れて[火力6]で熱する。
    沸き上がってきたら生クリームとバターを加える。

    2 再び沸き上がってきたら、[火力4]で15分混ぜながら煮詰める。
    ※最初はあまり混ぜなくても良いですが、後半は鍋底からしっかり混ぜながら煮詰めましょう。
    ふきこぼれるようであれば、火力を調節してください。

    (この工程のコツは、ぷくぷく泡が立つ状態をキープすることです。段々煮詰まり、とろみが強くなったら次の工程です。火力は10分程度したら、3にした方が焦げないようです)
    046 (3)

    3 濃度がつきベージュ色になってきたら[火力3もしくは2]にして4分、手早く混ぜながらさらに煮詰める。

    薄いキャラメル色になれば、クッキングシートを敷いた型に流し入れて平らにならし、粗熱を取る。
    程よく固まれば、適当な大きさに切り分けていただく。

    048 (3)



    ポイント

    出来上がりの硬さを確認するには、氷水を用意しておき、そこに垂らしてみます

    好みによりますが、すこし柔らかすぎるかな?という程度で火を止めた方がいいかもしれません

    余熱で少し硬くなるようです

    あと、妻曰く『料理は目分量でもいいけど、お菓子はきっちり計れ!!』

    主婦の方にとっては、常識なのでしょう

    『はい!!』と、いうことをしっかり聞きました(*^▽^*)


    ちなみに、画像で2色になっているのは、はじめに砂糖をカラメル状にした場合です

    あとから牛乳などを入れますが、ものすごくはねます。ご注意ください。



    課題。。。


    もっと口どけを良くする方法がありそう

    コツがあったら教えてください(m。_。)m オネガイシマス



    明日は、産業振興センターでのイベントです

    皆様のご来場、お待ちしております


    ○Oo。.(T?T)/~~~オヤスミナサイ
    スポンサーサイト



    [ 2010/03/13 00:11 ] 家電使い方 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    facebookフォト