FC2ブログ

    新潟元気いっぱい かとでんブログ 上手な家電選び

    電気屋さんがプロから見た太陽光発電、オール電化や家電選び、使い方のコツ プライベート日記もo(*^▽^*)o~♪

    地デジテレビ選びの失敗 3D

    コンバンハ

    本日、秋のパナソニック展示会を終えた、かとでん店長の加藤です

    多数のご来場とご成約を頂きまして(^人^)感謝♪申し上げます


    今回非常に誤解が多いと感じたのが『3D対応テレビ』
    です


    『3Dテレビはまだいらないから。。。』というお客さまがほとんどでした


    ん?


    ちょっと待ってください。。。



    なぜ?



    今後、数ヶ月内のモデルチェンジで

    『3Dも映すことのできるデジタルテレビ』が当たり前になるのですが。。。


    ほんとにいいんですか?と質問させていただきました。



    するとお客様は

    『え?3Dでいつも見るんじゃないの?普通に映るの?』

    『いつもめがねかけなきゃいけないんでしょ?』

    『地デジと別物の変わったテレビじゃないの?』

    『3Dいらないと決めてきたんだけど』



    誤解されていたのです



    そうではなくて、

    『性能のいい地デジテレビにおまけの機能ついている』だけなんですよ♪

    と、お話したら


    『工エエェェ(´д`)ェェエエ工工』

    『じゃあ普通に見られるの?』
    とのこと




    もう一度確認します

    『今テレビを買うのに、きれいで長持ち、目に優しい高品質なテレビじゃなくていいんですか?』


    お客様。。。

    『"((_- )( -_))" ウウン いいものをか買って、毎日地デジを楽しみたいです♪』


    そして

    『数年先も後悔しないように3Dも見られるタイプにしておきます』


    そんなお客様が、大多数でした

    数万円の差は単純に、きれいに写る画面の性能の差なのです

    毎日10年以上見るかも知れないテレビです

    きれいで長持ちなものがいいと思います


    ということで、今回のご成約のテレビの半数は『気が向いたら3Dも見られるテレビ』でした

    ちなみに、42v型以上のテレビの中では90%が『3D対応タイプ』でした



    街の電気屋さんは、お客様に後悔のない、確かな商品選びのお手伝いをしたいと日々頑張っています

    川*'-'*川ノ~☆・*。.:*・゜☆オヤスミナサイ♪
    スポンサーサイト



    3Dテレビ紹介vol1 人がそこに立っていました!!

    こんばんは \(-o-)/

    ひさしぶりの更新です。先日販売店向けの新製品発表会に新潟から東京まで行ってきました。

    今日も元気です、かとでん店長加藤です(●^o^●)



    映画アバターに続き、話題の3Dテレビで最新映像を体験してきました _\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!

    私自身も、生放送の映像の中に入って『3D』になっちゃいました♪



    画像を挿入したいのですが、今回はパソコンが新車で環境が整っていないので省略します

    今回vol1としまして、見た感想を中心にお届けします



    1、きれい!!

    3Dは実は以前にもあったのですが、最新のテレビはフルハイビジョンで超高画質

    臨場感が素晴らしい(≧∇≦)b


    2、奥行きや、飛び出し、自由自在の立体感

    サッカーの映像が1番衝撃でした

    横からのアングルでは、広々したグランドに、近くにゴールを決めた選手がいて、遠くのほうに

    (´・ω・`)ガッカリ・・・相手選手。。。


    観客席は、本当にひな壇のように『この人の後ろがこの人で、5人後ろがこの人だな』というような感じです


    私が体験した映像は『飛び出す』物よりも『テレビに何10メートルも奥行きがある』ものが多く、実際には

    『奥行きタイプ』のソフトのほうが、より立体感を感じやすいかもしれません


    たぶん、飛び出すといっても、テレビの枠からはみ出すことがないので、限界があるのかもしれません


    3、ちょっとそこは。。。

    3Dといっても、パーフェクトではありません

    長時間見ていると、なれないせいか疲れてくる感じがしました

    専用メガネが必要なのも、家族が多いご家庭には。。。

    しかも、普通の放送が立体になるわけではなく、専用放送や専用映画などに限られます



    4、ほしくなった?

    (@_@)/ずばり!

    私は注文しました

    もちろん専用メガネ、3D対応レコーダーも同時注文です

    当店で、月末に体験会を予定しております


    次回のブログでは、見るために必要なものや、仕組みなどを紹介したいと思います

    ○Oo。.(T?T)/~~~オヤスミナサイ

    地デジチューナーってどう?NO2

    浅田真央選手 残念。。。という本人の思いが大きいでしょうが

    『( -。-)スーーー・・・(ノ゜ο゜)ノ オメデトォォォーーー』

    声を大にして、伝えたい、かとでん店長加藤です

    世界に2位ですよ!!しかも4年に1度!!

    しかも、前人未到のトリプルアクセル合計3回成功!!



    欲を言えば『笑顔』がほしかった。。。



    胸を張って帰ってきてください^^



    ところで、前回の続きです

    1、地上デジタル放送対応チューナーって何?

    2、そもそも、地上デジタル放送ってどんな放送?

    3、アナログ放送はいつ終わるの?

    4、どんな対応方法があるの?何が必要なの?

    5、どんなチューナーがあるの?

    6、いつすればいいの?どの方法がいいの?

    7、その他。。。 質問がございましたら答えます

    の、4、5、6、7をお伝えします



    4、どんな対応方法があるの?何が必要なの?span>

    地上デジタル放送を見るには、『チューナー』があればいいわけですが

    それは『内蔵テレビを買う』『チューナーをつける』『チューナー内蔵レコーダーを買う』の3種類があります


    5、どんなチューナーがあるの?

    実はここが問題です

    おさらいしますが、地上デジタル放送は『ハイビジョン高画質の横長放送』でした

    『地上デジタル放送のチャンネルが入っている』ものを『地上デジタルチューナー』と呼びます

    ということは。。。


    『きれいに映る』
    かどうかは、関係ないのです

    種類としては

    『ハイビジョンできれいに映る地上デジタルチューナー』

    『地上デジタル放送をアナログ画質で見ることができるチューナー』

    またそれぞれに

    『BS,CSデジタル放送も映るチューナー』

    『チャンネルを変えるのに数秒かかる』

    『すぐにチャンネルが変わる』

    『時々映らなくなって、電源を入れなおす必要がある』

    など、癖があります

    文字色もちろん『地上デジタル、BS、CSデジタル放送対応高画質、高品質チューナー』がお勧めです

    ただし、3から6万円と非常に高額です

    これを内蔵したレコーダーが買えてしまいます

    一方『ただ映ればいい』というチューナーは5000円程度から販売されています

    性能は。。。。


    ・・・


    あえて申し上げません


    6、いつすればいいの?どの方法がいいの?

    問題のいつ?ですが、

    『高画質高性能チューナー内蔵レコーダー』が予算に収まるようになったら買うのが、一番お勧めかもしれません。

    間違えても『安いチューナーを急いで今買う』事だけは、やめた方がいいと思います


    当店は、何百台も『地上デジタルテレビ』を販売しましたが、安いチューナーは1台も販売したことがありません

    というのは

    『今よりも不便で性能が悪くなる』からです

    そんな商品を電気屋さんは勧めません

    リモコンは増えるし、映りは良くならないし、今より使いにくくなります

    まだ1年半ありますし、エコポイントがつくわけではないので、まったく急ぐ必要がありませんね?


    『いいものが安くなったら買う』が一番お勧めです



    7、その他。。。

    地上デジタルチューナーを付けた方の評判は良くないものが多いですね

    今のPANASONICのテレビには3万円から6万円の性能のチューナーが内蔵されています

    そのテレビやレコーダーが4万円から7万円程度で販売されているわけですから

    以下に割安かわかりますね。




    テレビの平均買い替え年数は9年くらいです

    買い替えは、もちろん5千円や1万円ではできません



    ただ、アナログテレビが壊れたら必要がなくなるチューナーにお金を払うのももったいないかもしれません

    今のテレビにはほぼすべて内蔵しているわけですから

    『数年してテレビが壊れたら必要なくなる』事をご理解の上、『地上デジタルチューナー』を買ってください



    もちろん早めの準備もいいことだと思いますので

    いまのうちに『早めの対応を』と考えている方は



    『補助金が出るうちに1台くらいは内蔵テレビを買っておく』か『デジタル放送対応レコーダーをかう』ことがお勧めです


    とにかく『地上デジタルチューナー購入』は『待ち』です


    繰り返しますが



    待ってください

    テレビをお考えの方は


    『急いで買ってください』

    その理由は次回の『エコポイント延長』でお伝えします



    (*'O'*)お(*'∇'*)や(*'・'*)す(*'ー'*)み♪

    地デジの魅力 お客様の声

    こんばんは

    今日も納品、修理と多くのお客様とお話をさせていただいた

    店長加藤です



    前回、お客様の声が返ってくる

    ということを書きました


    地デジテレビに関するお客様の声を紹介します

    まず栄光の1位は…



    『きれい』

    本当に当たり前のようですが『何倍も』きれいなのです

    だから、近くで見ても目に優しいのです

    写真や絵を見るのといっしょなので、できるだけ多きな画面のほうが見やすいわけです


    第2位は

    『文字が読みやすい』です

    1位と同じような内容ですが、現在のテレビ番組には多くの文字が表示されます

    データ放送や番組表、録画予約にも多くの『文字情報』が表示されるわけです


    第3位は

    『チャンネルが増える』事です

    実は、地デジの話ではないのですが、BSデジタル放送やCS放送内蔵のタイプがほとんどなので

    このような声が多いのです


    以下。。。


    『薄型なので、画面が大きくてもすっきりした』
    『録画が簡単になった』
    『デーや放送が便利』



    最後に大切なのが。。。

    最初は大きいと思ったけど、ひと回り大きくして良かったです


    以上お客様の声でした(*^▽^*)


    喜んでもらえるのが一番

    電気屋さんは、新しい商品を作れませんが

    より良くて、お買い得で、お客さまに合う商品を

    日夜研究して探しています


    近所の皆様の笑顔を広げたいと思います



    (*'O'*)お(*'∇'*)や(*'・'*)す(*'ー'*)み♪

    デジタルテレビの買い時と、選び方の成功の秘訣

    最近、10年間夫婦の間で大きな勘違いをしていたことに気がついて

    大爆笑した、うっかり者の、かとでん店長加藤です(*´∇`*)

    本日はかわら版の記事に関連して、どんなテレビが売れているのか

    テレビの買い時はいつなのか?

    そして、量販店には絶対にわからない『購入したお客様の生の声』をお伝えします



    最初に量販店と私ども地域家電店の決定的な違いは何でしょう?

    価格?品揃え?

    それもありますが、本質ではありません。

    どうですか?




    (@_@)/ずばり!

    『お客様の声が直接帰ってくる』事です



    何が起こるのか?

    『お客様の満足度が私どもに伝わる』

    そして

    『2台目に購入するテレビの傾向がはっきりわかる』のです




    もちろん、お客様の後悔の声もよく伝わってくるのです



    そこで『デジタルテレビ選びの勝ち組』になる方法を公開します


    1、テレビの売れている機種、満足度の高い機種

    まず、当店で販売させていただいた『全てのデジタルテレビの中で66%が37V型以上のプラズマテレビ』です

    世間では、液晶テレビが70%を占めるといわれております

    さらに『全てのデジタルテレビの中で40%以上が42V型』です

    お客様の満足NO1は。。。

    『50V型』です

    次に46V型、次に42V型と続きます

    37V型以下をご購入いただいたお客様は、

    2台目を購入していただくときには、必ずと言っていいほど

    『居間までのテレビを別の部屋に引っ越して、ふたまわり大型を選ぶ』傾向にあります




    2、液晶かプラズマか?

    迷わず『割安で、高品質、長持ち高画質のプラズマ』です

    当店では37V型のプラズマと液晶をとなりに並べています

    量販店ではあまり見かけない方式です

    当店は『正直』がもっとうなので、このように展示します



    そうすると、映りを比べたお客様が…



    『安くて画質のいいプラズマ』しか選ばないのです

    しかもガラス画面なので、お手入れ簡単

    なんと37V型販売の120台以上がプラズマで2台が液晶です

    実に98%以上です



    3、買い時はいつ?

    エコポイント終了まで11月25日現在、残り126日となりました(延長の可能性はあります)

    さらにアナログ放送終了まで606日となりました



    さらに秘密があります。。。



    『年明けにモデルチェンジをします』

    ということは、ボーナス商戦もあり『テレビは底値』です

    新型が出て、値段が下がり始めるのに約半年、底値になるのにさらにあと3カ月という傾向があります

    ということは、エコポイントが延長されても、新型が底値になるまで間に合わない可能性があります



    未来の予想はできませんが…

    『半年後に買うよりも安い』可能性が非常に高いということがいえます


    今現在、昨年3月に発売したモデルが2割から3割安くなっています

    しかも、商品が品薄状態です



    ということは、これ以上値下がりが期待できないということになります
    (あくまで、過去10年間のデータに基づく私の見解です)




    電気屋さんの本音としては、高くなる新型を買ってほしいのですが。。。。



    (@_@)/ずばり!

    買い時です!!






    以上のようなことを『後悔しないテレビ選び』の参考にしてみてください


    電気屋さんの本音のお話でした

    (-o-;) お(^◇^;)や(◎。◎;)す(T0T) み・・・

    facebookフォト